AGAは一般的な薄毛対策で薄毛の進行を止めることができない

AGAは一般的な薄毛対策で薄毛の進行を止めることができない

薄毛の原因は数多くありますが、男性で20〜30代から抜け毛が増加して前頭部や頭頂部から薄毛が進行してきている場合や両親の血縁に若ハゲの人がいる場合には、遺伝の影響によって発症するAGA(男性型脱毛症)が原因である可能性が高いといわれています。

 

こうした場合には、生活習慣の改善や育毛剤の使用といった一般的な薄毛対策では薄毛の進行を止めることができないので、早急に薄毛治療に力を入れている皮膚科や美容皮膚科などの病院(クリニック)を受診し、適切な治療をすることが大切です。薄毛治療を行なう病院では以前は問診や視診による診察がメインでしたが、現在では遺伝子検査を実施し、より精度の高い診断をしている病院が増えています。それでは薄毛治療で行われる遺伝子検査とはどんなものなのでしょうか。

 

薄毛治療で用いられる遺伝子検査は、毛髪や口腔内から採取した細胞を専門の機関に送って遺伝子分析を行ない、「CAGリピート数」と「GGCリピート数」を調べることで、治療薬のフィナステリドの効きやすさとAGAのリスクを診断するというものです。

 

チャップアップ

 

AGAは一般的な薄毛対策で薄毛の進行を止めることができないのです。

 

CAGリピート数とは、DNAを構成する成分のうち、C(シトシン)、A(アデニン)、G(グアニン)の3つがC・A・Gの順で配列されている箇所の数のことで、DNAを解析してCAGリピート数が基準値よりも少なければAGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けやすい体質で、体内のDHTの合成を抑える薬であるフィナステリドが効きやすいと診断されます。

 

GGCリピート数とはCAGリピート数と同様に、G(グアニン)、G(グアニン)、C(シトシン)の成分が順に配列されている箇所の数のことです。GGCリピート数とCAGリピート数を合計した数値が基準値より小さければAGAのリスクが高いと診断されます。

 

つまり、この遺伝子検査でAGAのリスクが高くてフィナステリドが効きやすい体質であると診断されれば、すぐにフィナステリドの服用を開始すれば効果的な治療になりますし、リスクが低いと診断されれば薄毛の原因が他にあるということがわかるので、その原因に応じた適切な治療を受けられるというわけです。

 

ただし、薄毛治療のための遺伝子検査は基本的に保険の適用されない診療(自由診療)なので、約2万円〜3万円程度の料金を自己負担する必要があります。

 

しかし、人間の遺伝子(DNA)は生まれてから死ぬまで変化することはなく、一度受ければ一生受けなくていい検査なので、薄毛でお悩みの方は今後の対処法を決めるためにも一度受けておくと安心でしょう。

 

チャップアップの効果