厚生労働省に認められているフィナステリドとミノキシジル

厚生労働省に認められているフィナステリドとミノキシジル

AGAは男性型脱毛症と呼ばれ、一般の薄毛とは原因が異なります。AGAの治療薬として、フィナステリドやミノキシジルを使用することが多いですが、この2つは、厚生労働省に認められている薬です。AGAによる薄毛に効果がありますが、毛根に対する働き方が異なります。

 

AGAは男性ホルモンが影響している薄毛です。進行していくもので、若いうちからなることがあります。そのため脱毛を食い止め、発毛を促すには、きちんと治療を受けることが必要となります。
フェナステリドには男性ホルモンの働きを抑える効果があります。抜け毛を抑えることができますが、若干副作用があり、女性が使用することはできません。また、妊娠中の女性がフェナステリドに触った場合、胎児が男の子の場合には、生殖器などに影響が出ることがあります。また、成長過程にある10代の子供にも使用することはできません。

 

一方ミノキシジルは、血液の流れを良くし、髪の毛に必要な栄養を送ることができます。ドラッグストアでも販売されており、AGAの対策薬として身近です。
AGAの髪の毛は細いことが多いですが、ミノキシジルを使用することによって太くて、こしのある髪の毛に成長することができます。

 

AGAの治療にこの2つが併用されるのは、ミノキシジルは、今ある髪の毛を成長させる効果があり、フェナステリドは抜け毛を予防する効果があるためです。フェナステリドには髪の毛の成長を促す働きや、髪の毛を増やす効果はありません。ですが、併用することにより、髪の毛を抜けにくくし、今ある髪の毛を丈夫に成長させることができます。

 

フェナステリドは内服薬です。一方ミノキシジルは内服と、外用薬があります。この2つの成分はすぐに薄毛を食い止めることはできません。おおよそ、半年ぐらいで髪の毛の状態が良くなるので、毎日継続して使用することが大切です。

 

なお、薬を使用すると、1か月ほどすると脱毛が進むことがあります。これは、ヘアサイクルが影響しており、髪の毛の休止期間が終わると髪の毛が映えてきます。抜けてしまったからと、薬の使用をやめるのではなく、根気よく、使い続けることが大事になります。

 

AGAは、ストレスや生活習慣も影響しています。発毛を促し、髪の毛の状態を良くするには、ストレスをためないことが大切ですので、日々の生活を見直すようにします。また、育毛剤を使用するとともに、頭皮のマッサージを行うと、より効果を実感することができます。